ご存知のように、英語は、世界で最も多くの国や地域で話されている言語です。
これからの時代、日本国内だけではなく、世界に通用する人材が求められているのは確かです。
子供に、「英語力がある」「英語が話せる」大人になってほしいと願う親御さんも、多いことでしょう。

また、そこまで遠い将来のことは考えていなくても、子供ができるだけ小さいうちに教えれば、苦労せずに英語を習得できるのではないかと、英語早期教育について検討されるかもしれません。

では、幼児期のうちに、英語早期教育を開始することについて、どんなメリットがあるのでしょうか?
何かデメリットはあるでしょうか?

英語早期教育のメリットデメリットについて、簡単にまとめてみました。

まずは、英語早期教育のメリットとなる点を見てみましょう。

英語早期教育のメリット

幼い時の頭は特に鍛えやすく、情報を比較的簡単に吸収できます。
そうです、スポンジがぐんぐん水を吸収するように、新しい言語を短期間で習得できるのです。

また、幼児は、英語に対する抵抗感や苦手意識、発音することの恥ずかしさなどがありません。
これは、この時期ならではのメリットと言えるでしょう。
あっという間に、英語の簡単なフレーズや単語を、見事な発音で流暢に話せるようになるはずです。

聞き取りの能力も素晴らしいものがあります。

楽しみながら、実践的な英語を学べるのではないでしょうか?

メリットはたくさんあるようですが、英語早期教育のデメリットとなる点を挙げてみましょう。

英語早期教育のデメリット

よく言われるのが、母国語である日本語も習得できないうちに、英語早期教育を行なうなら、日本語も英語もおろそかになってしまうのではないか、という点です。
日本に住んでいる以上、まずは日本語をしっかり話せるようになってほしいですよね。
日本語の基礎をしっかり据えつつ、英語も・・・というのは、大変な努力が要ることでしょう。

家庭内やその他の場所で、日常的に英語を使わないのであれば、どうでしょうか。
いくら英語早期教育を熱心に行ったとしても、中途半端なやり方では、時間と労力とお金を無駄にしてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
メリットの多い英語早期教育は大変魅力的ですが、メリットデメリットの両方をよく吟味して、お子様やご家族にとって、最善の方法を見つけてくださいね。

6歳までの教育で学力が決まります

6歳までの教育がその後の学力を決めることをご存知ですか?

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

この調査では、6歳の時点ですでに学力差があり、その後も学力差は縮まらないことが判明しています。

これにより、小学校以降の習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要と結論づけられました。



この事実はすでに海外では認知され、質の高い幼児教育が盛んに行われています。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードによる右脳教育の他、緻密性や運動力を伸ばすレッスンを行っています。

七田より教室内がゆったりしており、親への「子供へどう接すればよいか」というレッスンもあります。

WEBから申し込むと、通常レッスンが無料で体験できます。



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがな、漢字、足し算などの知識を教える早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、思考力と記憶力を高める『知能教育』を行っています。
WEBから申し込むと、通常レッスンが無料で体験できます。



3:月刊ポピー



無駄な付録を省き、月980円と最も安い料金の通信教育教材です。

中学生まであり、教科書に準拠した内容なので先取りワークができるプリントです。

無料資料請求・申し込みができます。