習い事コラム

子供の能力才能がわかる遺伝子検査の秘密

投稿日:

子供は、いろいろな物に興味を示したりしますよね。
でも、それはただ興味があるのか、才能があるものなのか気になります。
また、今習い事を行っているのが、あっているのかなども気になってきます。

そこで、今回は子供の能力才能がわかる遺伝子検査の秘密について紹介します。

遺伝子検査でわかること

遺伝子検査とは、遺伝子に刻まれた特性を知ることが出来ます。
子供の遺伝子検査を行うことで、今までに気づくことのなかった才能を見つけることもできます。
知能に関する遺伝子や、運動に関する遺伝子が分かります。

でも、遺伝子検査を行うことについて、抵抗を感じる親もいると思います。
だが、子供が優秀であるなどを図るものではなく、子育ての指針となるのです。

遺伝子検査の結果で、子供の才能などを知ることで、習い事などを決めやすかったりします。
やはり、才能があるのを行うと、結果が付いてきます。

そうすることで、子供自身っも自信をつけることが出来ます。
また、親も子供の持っている才能を導くことが出来たと感じることができます。

遺伝子検査は、どのようにするの?

遺伝子検査をするのは、どのようにするのか知らない方も多くいます。
今では、とても簡単に行うことが出来るので、子供でも、苦痛を伴うことがなく遺伝子検査を受けることが出来ます。
子供の唾液を採取するだけで、遺伝子検査を行うことができます。

今では自宅でも行うことが出来るので、とても簡単に遺伝子検査を受けることが出来ます。
また、遺伝子検査を行うには、高額なお金がかかると思いますよね。
調べたい項目や会社によって金額は異なりますが、約3万〜7万円が相場です。

それを、どのように感じるかは個人差があると思います。
遺伝子検査を、必ずしもやらないといけないということではありません。
子供を今後どのようにして、教育していけばいいのかなど悩んでいるのであれば、おすすめであると思います。

遺伝子検査は、才能を知る一つの手段

子供の遺伝子検査を行うことが、悪いことではないので、やるやらないは、どちらでもいいと思います。
子供がどんなものに興味を示すのが分からないと悩む親や、好きな物でも才能があるのか分からない場合もあります。

また、どんな習い事をさせたらいいのか分からないと、全てが中途半端になってしまいます。
その為、無駄な出費も増えてしまうことになります。

それを回避したいと感じる親にとっては、遺伝子検査がおすすめとも言えます。

何に才能があるのか分かり、また、苦手であるのも分かるので、教育しやすくなってきますしね。
子供の才能を伸ばすには、いろいろな方法があると思います。

その1つが遺伝子検査であるとも言えます。

6歳までの教育で学力が決まります

6歳までの教育がその後の学力を決めることをご存知ですか?

ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかりました。

この調査では、6歳の時点ですでに学力差があり、その後も学力差は縮まらないことが判明しています。

これにより、小学校以降の習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要と結論づけられました。



平均IQ140のベビーパーク

七田と同じフラッシュカードによる右脳教育の他、運動力を伸ばすレッスンで平均IQ140に!

親への「子供へどう接すればよいか」というコーチングもあります。

WEBからだと、通常レッスンが無料で体験可能。

3歳~8歳のキッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭がこぞって通う教室。

思考力と記憶力を高める『知能教育』を行っています。

WEBから申し込むと、通常レッスンが無料で体験可能。

月刊ポピー

無駄な付録を省き、月980円と最も安い料金の通信教育教材です。

中学生まであり、教科書に準拠しており先取りが可能。

WEBから無料資料請求が可能。

-習い事コラム
-

Copyright© 幼児教室・習い事なび , 2017 All Rights Reserved.