可愛い赤ちゃんの時期はあっという間に過ぎて行きます。
お子さんが1歳のお誕生日を迎えるころには、ママも日々の育児に慣れてきて、気持ちに余裕が出てきていることだと思います。

1歳を過ぎると、子供は自分で歩けるようになったり、いろんなことができるようになって、世界が少しづつ外へ広がっていきます。
1歳から通うことのできる幼児教室もたくさんあります。
ママは、「幼児教室ってどうなんだろう?」「通わせたほうがいいのかな?」「まだ1歳だし、早すぎかな?」
いろいろ考えるかもしれません。

1歳から幼児教室に通うのは、早すぎるでしょうか?
私個人の経験も交えつつ、お話ししてみたいと思います。

1歳から幼児教室に通うなら?

様々な幼児教室がありますが、このようなポイントをクリアしていれば、まずOKではないでしょうか?

・子供が楽しんで通っている

・ママも一緒に楽しめる

・経済的にも、時間的にも、負担がない

いくら評判の良い幼児教室だとしても、肝心のお子さんが嫌がっているなら、通う意味はありません。
かえって逆効果です。
そして、ママも、その教室にいて、あまりリラックスできないのであれば、それも良くありません。

お金の問題も、もちろん大切です。

1歳から始めるなら、親も子も無理なく続けられる幼児教室が一番です。

1歳の娘が通った幼児教室

今5歳になる長女は、1歳〜2歳にかけての数ヶ月間、ベビーくもんに通いました。
まだ、子供が一人で、初めての子供でしたので、何か刺激を与えてあげたいな、というのがきっかけでした。

娘は、お友達と楽しく遊んでいましたし、お歌や絵本の読み聞かせも、とても喜んでいました。
また、私自身も、子育ての頑張っている点を先生に励ましていただいたりして、何だかホッとできる時間でした。
3年経った今でも、鮮明に記憶に残っています。

まとめ

1歳からの幼児教室。
私は早すぎるとは思いませんが、決して子供に押し付けることなく、親子共々、楽しんで通える教室が理想です。
相性の良い幼児教室が見つかりますように。

6歳までの教育で学力が決まります

6歳までの教育がその後の学力を決めることをご存知ですか?

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

この調査では、6歳の時点ですでに学力差があり、その後も学力差は縮まらないことが判明しています。

これにより、小学校以降の習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要と結論づけられました。



この事実はすでに海外では認知され、質の高い幼児教育が盛んに行われています。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードによる右脳教育の他、緻密性や運動力を伸ばすレッスンを行っています。

七田より教室内がゆったりしており、親への「子供へどう接すればよいか」というレッスンもあります。

WEBからなら、通常のレッスンが無料で体験することができます。



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



幼児期のひらがな計算の詰め込み教育は意味がありません!
キッズアカデミーは小学生以降あと伸びする、地頭をよくする教育を行っています。

まずは無料体験してみては?



3:月刊ポピー



無駄な付録を省き、月980円と最も安いプリント教材です。

教科書に準拠した内容なので先取りワークができます。



4:ドラキッズ



全国の大手ショッピングセンターにあり通いやすいです。

講師2名で手厚い少人数制で人気です。



5:こどもちゃれんじ