英語もある!人気のリトミックとは?

小さな子供が音楽に合わせて手を叩いたり、身体を揺らせてリズムを取っているのを見ると思わずキュンとなりますよね。
子供が音楽に反応するようになると、「本当に楽しそうだから、人気のリトミックに通ってみようかな」と考え始めるママが多いようです。

赤ちゃんの頃から親子で気軽に通えることもあり、最近では英語のリトミックも需要が高まっています。
一方で、「なんとなくリトミックがどういったことをするのかはイメージ湧くけれど、具体的には…」という方も。

ここでは、リトミックとはどういうものかを簡単にご紹介していきます。

人気のリトミックとは?

リトミックとは、スイスの音楽教育家兼作曲家のエミール・ジャック=ダルクローズが、20世紀初め頃に提唱した音楽教育法のことです。
それは、音楽と動きをミックスした教育のスタイルで、音楽センスを養うのはもちろん、子供達の想像力や集中力を音楽を通して育んでいくことが目的です。

どんなことをするの?

リトミックは、先生が弾くピアノの音や様々な音楽を耳で聴き、子供が感じ取ったままを身体で表現することを大切にしています。

カリキュラムは、成長時期に合わせて組まれていて、1歳児はママと一緒にリズム遊びを楽しみながら感性を育てていきます。
そして、二歳児になると、お友達と一緒に自由にリズムを取って、表現する喜びを楽しみます。
また、3歳児になると、音楽に合わせて数や単語を発したり、ステップしたりして、リズミカルな動きを養います。

いつから始めるのがベスト?

0歳児から受け入れている教室も全国にたくさんあります。
「リトミックとは、子供が音や音楽を聴いて身体で表現すること」がベースになっているので、スタート時は足や腰でリズムを表現できるくらい(つかまり立ちが上手にできる頃から一人歩きができるようになる頃まで)が理想的と言えそうです。

英語のリトミックとは

最初の「人気のリトミックとは?」と理念や目的は一緒です。
違うところは、先生が英語でコミュニケーションをとったり、英語ソングを使用したりする点です。
音楽を通して、子供がアルファベットや英語の発音と自然に触れることができるのが特徴です。

リトミックとはどういったものかを簡単に説明していきましたが、いかがでしたか?
子供の習い事にリトミックを選んだママ達は、大きく分けて「小さいうちから楽しく通えるし、親子のスキンシップがとれたら充分」派と、「いずれ子供がピアノなどの楽器を始めるために早くから音楽センスを養わせたい」派に分かれるようです。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 幼児教室・習い事なび , 2017 All Rights Reserved.