子供がスイミングを習っていても、なかなか進級しない場合があります。
親は、毎月月謝を払っているので、進級して欲しいですよね。
テストに落ちる場合は、どのような関わり方が良いのかも悩んでしまいます。

そこで、今回はスイミングでなかなか進級しない テストに落ちる場合について紹介します。

スイミングでなかなか進級できない原因

子供がスイミングでなかなか進級しないと、子供を責めてしまう場合がありますよね。
子供のやる気がないことが原因の場合もありますが、他の原因があることもあります。

・コーチの指導が低い
・1クラスの人数が多い
・不合格に対して子供が反省する機会を与えない

・子供の年齢と進級基準が合っていない
・子供の身体能力が未熟

スイミングになかなかい進級できない原因は、教室にあることもあります。
先生の教え方が合わない場合もあります。
子供を責めるのではなくて、楽しんで行っているのか1度スイミング教室に足を運んでみると良いですよ。

テストに落ちる場合の対策について

スイミング教室では、月に1回進級テストがあります。
そのテストに落ちてしまう場合は、子供と関わり方を少し変えてみるのも良いですよ。

テストに落ちてしまった場合に、子供とコミュニケーションをしっかり取ってみて下さい。
何がいけなかったのか話し合ってみましょう。

また、テスト終了後にテストチェック項目の一覧用紙を渡されます。
そのポイントを子供が理解しているのか、確かめてみましょう。
責めるのではなく、どのような部分に気を付けなければいけないのか親子で確認をする目的で行ってください。

時間に余裕があるときは、スイミングスクールに行って子供の練習姿を見るようにして下さい。
見た内容について、感想を行ってあげたりすると、子供も嬉しくなって、頑張ろうと感じることが出来ます。

まとめ

子供がスイミングスクールに通うようになると、進級テストがあるので、親も口出ししてしまいます。
でも、何も理解しなで、進級しなかったからと言って子供を責めるのはやめて下さい。
子供に原因がある場合もありますが、スイミング教室が合っていない場合もあります。

しっかり見極めてあげて、子供が楽しくスイミングを行うことが出来るようにしてあげて下さい。
また、何度も進級テストに落ちてしまう場合は、コミュニケーションを取ってあげて下さいね。
きっと子供も、意識して進級テストに望むことが出来ますよ。

6歳までの教育で学力が決まります

6歳までの教育がその後の学力を決めることをご存知ですか?

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

この調査では、6歳の時点ですでに学力差があり、その後も学力差は縮まらないことが判明しています。

これにより、小学校以降の習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要と結論づけられました。



この事実はすでに海外では認知され、質の高い幼児教育が盛んに行われています。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードによる右脳教育の他、緻密性や運動力を伸ばすレッスンを行っています。

七田より教室内がゆったりしており、親への「子供へどう接すればよいか」というレッスンもあります。

WEBからなら、通常のレッスンが無料で体験することができます。



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



幼児期のひらがな計算の詰め込み教育は意味がありません!
キッズアカデミーは小学生以降あと伸びする、地頭をよくする教育を行っています。

まずは無料体験してみては?



3:月刊ポピー



無駄な付録を省き、月980円と最も安いプリント教材です。

教科書に準拠した内容なので先取りワークができます。



4:ドラキッズ



全国の大手ショッピングセンターにあり通いやすいです。

講師2名で手厚い少人数制で人気です。



5:こどもちゃれんじ