保育園に通っているお子さんは除き、3歳になったら、ほとんどのお子さんが幼稚園に入園されると思います。
幼稚園では、一体どのような教育が行われるのでしょうか?
幼児教室の教育とは、何が違いますか?

今回は、幼稚園と幼児教室の違いについて、分かりやすくまとめてみたいと思います。

まず、幼稚園で受ける教育についてです。

幼稚園の教育とは?

幼稚園は、満3歳から小学校就学までの幼児を教育します。
それぞれの年齢にふさわしい適切な環境を整え、心身の発達を助長する教育施設、と定義されています。
遊びを通して、小学校以降の生活・学習の基盤を育成します。

具体的な内容として、どんなものがあるでしょうか?

・読み聞かせ
・絵を描く
・運動
・ごっこ遊び
・芋ほり、遠足など野外活動
・掃除
・季節の行事
・発表会

他にも、幼児教室とは違い、いろいろな体験をさせてくれます。

幼稚園教諭は、園児と一緒に遊んだり、教材を作ったりし、園児が遊びを通して様々なことを学べるように配慮し、ひとりひとりの可能性を伸ばします。

では、幼児教室とは何でしょうか?
幼稚園との違いはありますか?

幼児教室とは?

幼児教室は、就学前の幼児のための学習教室です。
幼稚園とは違い、0歳から始められる幼児教室もあります。

様々な幼児教室があり、ニーズも内容も多様です。
小学校、幼稚園受験のための幼児教室もあれば、音楽、リトミック、英語、絵画、運動、などの専門的な分野を指導してくれる幼児教室もあります。
そこが、幼稚園と大きく違いますね。

まとめ

幼稚園と幼児教室の違い、簡単ですがお分かりいただけたでしょうか?
幼稚園の教育にプラスして、幼児教室に通わせるお母さん方も多いと思います。

両者の違いをよく理解して、お子さんに最善の教育を施してあげてくださいね。

6歳までの教育で学力が決まります

6歳までの教育がその後の学力を決めることをご存知ですか?

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

この調査では、6歳の時点ですでに学力差があり、その後も学力差は縮まらないことが判明しています。

これにより、小学校以降の習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要と結論づけられました。



この事実はすでに海外では認知され、質の高い幼児教育が盛んに行われています。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードによる右脳教育の他、緻密性や運動力を伸ばすレッスンを行っています。

七田より教室内がゆったりしており、親への「子供へどう接すればよいか」というレッスンもあります。

WEBから申し込むと、通常レッスンが無料で体験できます。



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがな、漢字、足し算などの知識を教える早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、思考力と記憶力を高める『知能教育』を行っています。
WEBから申し込むと、通常レッスンが無料で体験できます。



3:月刊ポピー



無駄な付録を省き、月980円と最も安い料金の通信教育教材です。

中学生まであり、教科書に準拠した内容なので先取りワークができるプリントです。

無料資料請求・申し込みができます。