今回は、0歳児から通うことのできる幼児教室、TOEベビーパークについて、その評判口コミと共に、ご紹介したいと思います。

TOEベビーパークとは?

TOEベビーパークの、「TOE」とは何のことでしょうか?
「Timing Of Education」の略で、適期教育(1人ひとりの発達のタイミングに合わせた幼児教育)という意味があるようです。

3歳までに人間の脳の80%が完成される、ということで、できるだけ早くから脳を刺激し、その機能を高めてあげることは、私もとても良い事だと感じています。
人格の根本部分が3歳までに形成されてしまう、という事実も見逃せません。
この時期の教育に投資することが、最も効果的で経済的である、というのも納得できます。

TOEベビーパークは、「叱らず個性を育てる育児法」を、お母さんに伝える教室でもあります。
育児に悩みはつきものですが、TOEベビーパークは、そんなお母さんの心強い味方になってくれそうです。

では、TOEベビーパークの、気になる評判口コミを、少し見てみたいと思います。

TOEベビーパークの評判口コミについて

まず、良い評判口コミについてです。

やはり、TOEベビーパークに通い始めてからの我が子の発達や変化に驚いている、という意見が多くみられます。
また、お母さん自身も「育児観が変わった」「自信がついてきた」など、子供と一緒に成長できているという評判口コミも多く見られます。

悪い評判口コミについてですが、月々の費用が高いということでしょうか(入室金15,120円 月レッスン料15,120円)。
よほど経済的にゆとりのあるご家庭でないと、長く続けていくのは難しいような気がします。

また、あまり効果がなかった、乳幼児期からそこまで教育にお金をかけなくても・・・という評判口コミもありました。
私も、レッスン料のことを考えたら・・・とても我が家の子供たちを通わせることはできません(笑)。

まとめ

TOEベビーパークは、無料親子体験イベントなど実施していますので、興味のある方は一度参加してみられるのはいかがでしょうか?
ホームページの内容も充実していますので、評判口コミと併せて、じっくり調べて検討してみられることをお勧めします。

6歳までの教育で学力が決まります

6歳までの教育がその後の学力を決めることをご存知ですか?

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

この調査では、6歳の時点ですでに学力差があり、その後も学力差は縮まらないことが判明しています。

これにより、小学校以降の習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要と結論づけられました。



この事実はすでに海外では認知され、質の高い幼児教育が盛んに行われています。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードによる右脳教育の他、緻密性や運動力を伸ばすレッスンを行っています。

七田より教室内がゆったりしており、親への「子供へどう接すればよいか」というレッスンもあります。

WEBから申し込むと、通常レッスンが無料で体験できます。



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがな、漢字、足し算などの知識を教える早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、思考力と記憶力を高める『知能教育』を行っています。
WEBから申し込むと、通常レッスンが無料で体験できます。



3:月刊ポピー



無駄な付録を省き、月980円と最も安い料金の通信教育教材です。

中学生まであり、教科書に準拠した内容なので先取りワークができるプリントです。

無料資料請求・申し込みができます。