幼稚園に入ると、先生やお友達とのコミュニケーションが一気にうまく取れるようになり、日々我が子の成長を実感させられますよね。
新しい生活リズムに慣れたこの頃を見計らって、多くのお母さん方が「そろそろ習い事を初めてもいいかも」と思われるようです。
とはいっても、今は実にバリエーション豊かな習い事が身近にあり、我が子にどの習い事が一番向いているのかを考えるのも一苦労ですよね。

実際、幼稚園に通っている子供達は、どんな習い事に通っているのでしょうか。人気の習い事をランキング形式でご紹介します。

【幼稚園児の習い事人気No.1】スイミング

ベビーの頃から継続して通える教室というのも手伝って、スイミングが一番人気です。
「身体が丈夫になりそう」「小学校でプールが始まっても楽しんでくれそう」「自分が泳ぐのが苦手だったから子供には…」という親御さんも多く、入園のタイミングでスイミング教室へ通わせることを決めているようです。

確かに、小学校のプールの授業では、スイミングに通っている子といない子ではその差は歴然です。
また、継続する力や目標を達成する喜びを同時に養えるのもスイミングの魅力だと言えます。

【幼稚園児の習い事人気No.2】英語・英会話

小学校での英語必修化で、さらに英語の早期教育ムードが高まっています。
また、「小さい頃から英語に慣れ親しんでほしい」と、幼稚園に入る前から親子で英語教室に通っていたという方も多いようです。

未就園児に人気の英語教室は、音楽やダンスを取り入れた遊び要素の強いものが好まれるため、先生の英語力・経験・実績にこだわるお母さん方は多くありません。
しかし、幼稚園児から始めるとなると、ネイティブな発音が聞ける外国人講師や留学経験のある日本人講師というように、ある程度先生の能力に注目して英語教室を選んでいるようです。

【幼稚園児の習い事人気No.3】体操教室

課外活動のひとつとして、多くの幼稚園で開かれていることから、体操教室も人気です。
他の習い事を始める時の取っ掛かりとして選ぶお母さん方も多いようですね。

もちろん、身体が柔らかくなったり、身体を動かすことが好きになったりと、体操を通じて直接的なメリットが得られますが、「順番が待てるようになった」「大きな声で自分から挨拶ができるようになった」という副産物も期待できるようです。

幼稚園児の人気の習い事を3つ紹介してきましたが、気になっていた習い事はありましたか?
幼稚園児になると、「これはしたくない!」「これがしたい!」という自分の意見もはっきり口に言えるようになります。

お子様の思いに寄り添いながら、我が子に一番合った習い事を探してあげてくださいね。

6歳までの教育で学力が決まります

6歳までの教育がその後の学力を決めることをご存知ですか?

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

この調査では、6歳の時点ですでに学力差があり、その後も学力差は縮まらないことが判明しています。

これにより、小学校以降の習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要と結論づけられました。



この事実はすでに海外では認知され、質の高い幼児教育が盛んに行われています。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードによる右脳教育の他、緻密性や運動力を伸ばすレッスンを行っています。

七田より教室内がゆったりしており、親への「子供へどう接すればよいか」というレッスンもあります。

WEBからなら、通常のレッスンが無料で体験することができます。



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



幼児期のひらがな計算の詰め込み教育は意味がありません!
キッズアカデミーは小学生以降あと伸びする、地頭をよくする教育を行っています。

まずは無料体験してみては?



3:月刊ポピー



無駄な付録を省き、月980円と最も安いプリント教材です。

教科書に準拠した内容なので先取りワークができます。



4:ドラキッズ



全国の大手ショッピングセンターにあり通いやすいです。

講師2名で手厚い少人数制で人気です。



5:こどもちゃれんじ